パプリカと玉ねぎのマリネ

材料(4人分)

 

赤パプリカ(縦1cm幅に切る)・・・1/2個(80g)

黄パプリカ(縦1cm幅に切る)・・・1/2個(80g)

玉ねぎ(くし切り)・・・1/2個(100g)

 

A

酢・・・大さじ1

オリーブオイル・・・大さじ1

塩麹・・・小さじ1

 

 

作り方

 

①.オーブンを200℃に余熱し、天板にオーブンシートを敷く。

②.天板にパプリカ、玉ねぎを並べ、ほんのり焼き色が付くまで加熱する。(10〜15分)

③.ボウルにAを入れてよく混ぜ合わせる。

④.②が熱いうちに③のボウルに入れ、さっと和えて味を馴染ませる。

 

パプリカと玉ねぎのマリネ

みなさま、おはようございます。インナービューティープランナーの磯田あきです。

今週の応用レッスンは「作り置きレシピ〜冷凍もできる作り置き〜」です。

 

冷蔵庫に作り置きがあると、なんだかホッとしませんか?長く続いた外出自粛、ステイホームが解除され、普段通りの生活に戻った方もたくさんいらっしゃるかと思います。

仕事で疲れ、帰宅後にお料理するのも大変な時ってありますよね。ついつい外食になったり、コンビニやスーパーのお惣菜で済ませてしまう・・・。そんな時に大活躍するのが作り置き!!時間がある時にまとめて作っておくことで、忙しい毎日のお食事がとっても楽になりますよ。

今の時期から夏にかけては特に食中毒や食材の腐敗が心配なので、作り置きを作る際のポイントをいくつかお伝えしたいと思います。

 

 

今週のメニュー

テーマ食材は「ピーマン・パプリカ」

 

*高野豆腐でチンジャオロース

*パプリカと玉ねぎのマリネ

*いろいろきのこで自家製なめ茸

*味噌玉でインスタント味噌汁

 

本日は「パプリカと玉ねぎのマリネ」のレシピをご紹介します。

 

 

パプリカ以外にも茄子やズッキーニ、オクラなどお野菜でも美味しく作れます。

ぜひ、旬のいろいろなお野菜で作ってみてください。

 

 

 

 

【安心、安全、便利で美味しい作り置きのポイント!】

 

①.保存容器の洗浄・消毒

耐熱性の容器・・・熱湯をかけたり、煮沸消毒をする→自然乾燥

耐熱性ではない容器・・・食品成分のキッチン用消毒アルコールを吹きかける→清潔なキッチンペーパーで拭き取る

 

②.食材にしっかり火を通す

加熱調理をしていない料理をそのまま冷凍すると、解凍した時に余分な水分が出たり、食感が損なわれることがあります。冷凍する作り置きは加熱調理をすることがポイントです。しっかり加熱することで、雑菌の繁殖も防ぐことができます。

 

③.味付けにひと工夫を

にんにくや生姜、こしょうなどのスパイスには抗菌作用。醤油や酢、塩などの調味料には保存性を高める効果があります。食材を調味液に漬ける、オイル漬けや酢漬けもオススメです。

 

④.よく冷ましてから蓋をして、冷蔵庫・冷凍庫へ

熱い状態で蓋をすると、蒸気で蓋の裏に水滴がついてしまい、中で菌が繁殖する原因になります。また、熱いまま冷蔵庫や冷凍庫に入れてしまうと庫内の温度が上がり、他の食材が傷んでしまう可能性があります。バットに広げたり、氷水で素早く冷ましましょう。

 

⑤.取り分ける際には必ず清潔な菜箸やスプーンを使う。

⑥.作った日付け、料理名のラベルを貼る。

 

 

ご飯(玄米)を保存する時は、炊きたての熱いうちに一食分ずつラップに包んで、冷凍するのがオススメです!

長期保存が可能な冷凍できる作り置きですが、長期間置いておくと霜が付いたり、独特な匂いがする冷凍焼けを起こしてしまうので、できるだけ早く美味しいうちに食べきりましょう。

 

 

 

 

磯田あき

職   業 自営業
保 有 資 格 栄養士、調理師、インナービューティープランナー、食生活アドバイザー
ブ ロ グ
得意ジャンル ヘルシージャンク、スープ
趣   味 料理

facebook