菜の花と薩摩芋のヨーグルトソース和え

材料(4人分)

菜の花 (1cm幅に切る):4 房 (80g)
さつま芋 (1cm角切り):120g
A
豆乳ヨーグルト:小さじ 4
粒マスタード:小さじ1
クミンパウダー:小さじ 2/3

作り方

1,鍋に大さじ3の水、さつま芋、塩ひとつまみ、菜の花の順に入れ、
さつま芋が柔らかくなるまでウォータースチームする。
菜の花は青々としたら先に取り出す。
2,ボウルに A を入れよく混ぜ合わせ、1を加えて全体を和える。

菜の花と薩摩芋のヨーグルトソース和え

 

【菜の花と薩摩芋のヨーグルトソース和え】(4人分)

*菜の花はウォータースチームしてから切るとバラバラにならないのでおすす
め。
体の免疫機能の60%以上が集中している腸内環境を整えることで免疫力を高め

アレルギーを緩和し、花粉症予防にも繋がります。
食べると良い食材
●発酵食品や食物繊維、乳酸菌、オリゴ糖をバランスよく含むもの
善玉菌を増やし最適な腸内細菌バランスを回復する。
乳酸菌は免疫細胞のバランスを整える。
●ネバネバした食べ物
粘膜の保護の役割をする。
●EPAやDHAを含むもの
n-3系脂肪酸のαリノレン酸が多く含まれているものはアレルギー症状を抑える

●ビタミンC,E,A(βカロテン)を含むもの
免疫力を高めるビタミンやミネラル類を含有し、免疫力低下の原因となる活性
酸素を除去する。
ビタミンAは粘膜を正常な状態に保つ作用があるため、花粉が接触する鼻の粘
膜を保護して症状をやわらげる。

*菜の花は栄養素のバランスが非常に良く、抗酸化作用のあるビタミン
A、C、Eを豊富に含み、特にビタミンCはホウレンソウの約4倍。
●ポリフェノールを含むもの
細胞の老化を防ぐ抗酸化作用が高く、免疫力UP、アレルギー症状の緩和に繋が
る。

摂り過ぎ注意な食材
●脂身の多い肉などの高タンパク・高脂肪の食品
悪玉菌を腸内に増やし腸細菌バランスを崩す。
●香辛料など刺激の強い食物
鼻の粘膜を刺激するためアレルギー反応を促進させる恐れがある。
●アルコール
アルコールを分解するときに発生するアセドアルデヒドがアレルギー症状のも
とになるヒスタミンの発生を促しアレルギー反応を悪化させる恐れがある。
●食品添加物が入った甘いお菓子などの加工食品
白砂糖を加えることにより免疫力の低下を防ぐビタミンBが減少する。

また、ストレスも大きく影響し、感情の動きなどによって消化管の蠕動運動や
消化液の分泌が影響され、腸内細菌のバランスも変わってきます。
春は身の回りの環境変化だけでなく、気温や気圧の変化も大きくストレスが多
い季節となります。
腸をコントロールすることでストレスやアレルギーに強い身体を作っていきま
しょう。

 

菅野友美

職   業 飲食店スタッフ
保 有 資 格 インナービューティーダイエットアドバイザー、インナービューテ ィー美腸マイスター、インナービューティー和食マイスター、イン ナービューティーフードスペシャリスト
ブ ロ グ http://www.instagram.com/kanno_chan http://ameblo.jp/kitchentamagodo/
得意ジャンル アレンジレシピ カフェ風ご飯 野菜使い回し
趣   味 音楽開拓、読書、カフェ巡り、散歩

facebook