ほうれん草のオムレツ風

材料(4人分)

 

サラダほうれん草(食べやすい長さに切る)・・・1/2P(30g)

白菜(細切り)・・・2枚(100g)

人参(千切り)・・・4cm(50g)

乾燥わかめ・・・2g

レモン果汁・・・小さじ1/2

A

塩麹・・・大さじ1

アマニ油・・・大さじ1

作り方

 

①.人参にレモン果汁を揉み込む。

②.ボウルにほうれん草、白菜、人参、わかめ、Aを入れてサッと和え、味を馴染ませる。

 

ほうれん草のオムレツ風

みなさま、おはようございます。インナービューティープランナーの磯田あきです。

今週の応用レッスンは「美肌レシピ〜乾燥シワ対策〜」です。

 

年が明けて、早3週間が過ぎましたね。普段の生活にはもう慣れましたか?

私はこのお正月に「3週間続ければ一生が変わる」という本を読みました。ちょうど、新年から続けている新しい習慣が身に付いてきたところです。気持ち新たに、今年は色々なことに挑戦する一年にしたいと思います!どうぞ宜しくお願い致します。

さて、そんな1月ですが、お肌にとっては乾燥と低気温のダブルパンチでとても過酷な季節です。新春といえ、季節はまだまだ寒い冬。今年は暖冬傾向にありますが、肌の乾燥が気になっていらっしゃる方は多いと思います。お肌の乾燥は美肌の大敵!!

 

本日は、体の内から肌に潤いを与え、乾燥シワを起こさせないプルプルお肌をつくるメニューと秘訣をご紹介したいと思います。

 

今週のメニュー

テーマ食材は、ほうれん草です。

 

*ほうれん草のオムレツ風

*冬野菜の潤いナムル

*こんにゃくと大根のサイコロステーキ〜酒粕豆乳ソース〜

*和風ポトフ

 

この中から「冬野菜の潤いナムル」のレシピをお伝えします。

 

 

 

 

 

ここでは、アクが少なく生で食べても美味しいサラダほうれん草でお伝えしていますが、普通のほうれん草でも美味しく作っていただけます。その際は、さっと下茹でをし、アクを抜いてから作ってくださいね。

 

◉冬の乾燥と肌トラブルの関係

 

乾燥した北風がお肌のうるおいを奪い、肌表面を乾燥させ、小ジワ・シワを引き起こすと言われています。

また、冷たい風が顔に当たることで「肌冷え」を起こし、お肌を守るバリア機能が低下してしまい、それがさまざまな肌トラブルの原因になるのです。

 

〜冬に潤い肌をつくる秘訣〜

 

❶良質なタンパク質で肌の代謝をアップ!

肌の土台がしっかりできていないところに、潤い成分のある食べ物をたくさん摂っても効果はあまり感じられません。しっかりとした土台をつくるために必要な栄養素が良質なタンパク質です。

◎大豆、大豆製品

 

❷水分をしっかり摂りましょう!

体内に水分が不足していると肌は乾燥状態になってしまいます。私たちの体は1日に約2〜2.5Lの水分が排泄されると言われています。食事で約1Lの水分は補給されているので、残りの1〜1.5Lの水分を意識して摂ることが大切です。

 

❸適度な油分でお肌のバリア機能を高める!

水分と同じように肌には適度な油分が必要です。毛穴からでる皮脂には肌を外敵から守ってくれるバリア機能があります。酸化していない良質な油を摂ることが大切です。

◎アマニ油、エゴマ油、オリーブオイル、ココナッツオイル

 

❹美肌に欠かせない栄養素を積極的に摂取する!

 

ビタミンA・・・肌の粘膜を保護して肌の潤いを守ってくれます。

◎にんじん 、豆苗、青菜

 

ビタミンC・・・タンパク質と結びつきコラーゲン生成を助けてくれます。

◎ブロッコリー、カリフラワー、れんこん、青菜

 

ビタミンE・・・抗酸化作用があり、肌の老化防止に効果的です。

◎かぼちゃ、アボカド、ナッツ類、良質な油

 

❺生芋こんにゃくに含まれるこんにゃくセラミド!

生芋こんにゃくには、肌のバリア機能と保湿効果があるセラミドが豊富に含まれているので、乾燥肌対策にぴったりの食材です。注目は生芋こんにゃくであること!こんにゃくを食べて、こんにゃくのようなプルプルお肌に♡

 

お肌の土台をしっかりつくり、冬の乾燥シワをつくらないうるおい肌を目指しましょう!

 

みなさま、おはようございます。インナービューティープランナーの磯田あきです。

今週の応用レッスンは「美肌レシピ〜乾燥シワ対策〜」です。

 

年が明けて、早3週間が過ぎましたね。普段の生活にはもう慣れましたか?

私はこのお正月に「3週間続ければ一生が変わる」という本を読みました。ちょうど、新年から続けている新しい習慣が身に付いてきたところです。気持ち新たに、今年は色々なことに挑戦する一年にしたいと思います!どうぞ宜しくお願い致します。

さて、そんな1月ですが、お肌にとっては乾燥と低気温のダブルパンチでとても過酷な季節です。新春といえ、季節はまだまだ寒い冬。今年は暖冬傾向にありますが、肌の乾燥が気になっていらっしゃる方は多いと思います。お肌の乾燥は美肌の大敵!!

 

本日は、体の内から肌に潤いを与え、乾燥シワを起こさせないプルプルお肌をつくるメニューと秘訣をご紹介したいと思います。

 

今週のメニュー

テーマ食材は、ほうれん草です。

 

*ほうれん草のオムレツ風

*冬野菜の潤いナムル

*こんにゃくと大根のサイコロステーキ〜酒粕豆乳ソース〜

*和風ポトフ

 

この中から「冬野菜の潤いナムル」のレシピをお伝えします。

 

 

ここでは、アクが少なく生で食べても美味しいサラダほうれん草でお伝えしていますが、普通のほうれん草でも美味しく作っていただけます。その際は、さっと下茹でをし、アクを抜いてから作ってくださいね。

 

◉冬の乾燥と肌トラブルの関係

 

乾燥した北風がお肌のうるおいを奪い、肌表面を乾燥させ、小ジワ・シワを引き起こすと言われています。

また、冷たい風が顔に当たることで「肌冷え」を起こし、お肌を守るバリア機能が低下してしまい、それがさまざまな肌トラブルの原因になるのです。

 

〜冬に潤い肌をつくる秘訣〜

 

❶良質なタンパク質で肌の代謝をアップ!

肌の土台がしっかりできていないところに、潤い成分のある食べ物をたくさん摂っても効果はあまり感じられません。しっかりとした土台をつくるために必要な栄養素が良質なタンパク質です。

◎大豆、大豆製品

 

❷水分をしっかり摂りましょう!

体内に水分が不足していると肌は乾燥状態になってしまいます。私たちの体は1日に約2〜2.5Lの水分が排泄されると言われています。食事で約1Lの水分は補給されているので、残りの1〜1.5Lの水分を意識して摂ることが大切です。

 

❸適度な油分でお肌のバリア機能を高める!

水分と同じように肌には適度な油分が必要です。毛穴からでる皮脂には肌を外敵から守ってくれるバリア機能があります。酸化していない良質な油を摂ることが大切です。

◎アマニ油、エゴマ油、オリーブオイル、ココナッツオイル

 

❹美肌に欠かせない栄養素を積極的に摂取する!

 

ビタミンA・・・肌の粘膜を保護して肌の潤いを守ってくれます。

◎にんじん 、豆苗、青菜

 

ビタミンC・・・タンパク質と結びつきコラーゲン生成を助けてくれます。

◎ブロッコリー、カリフラワー、れんこん、青菜

 

ビタミンE・・・抗酸化作用があり、肌の老化防止に効果的です。

◎かぼちゃ、アボカド、ナッツ類、良質な油

 

❺生芋こんにゃくに含まれるこんにゃくセラミド!

生芋こんにゃくには、肌のバリア機能と保湿効果があるセラミドが豊富に含まれているので、乾燥肌対策にぴったりの食材です。注目は生芋こんにゃくであること!こんにゃくを食べて、こんにゃくのようなプルプルお肌に♡

 

お肌の土台をしっかりつくり、冬の乾燥シワをつくらないうるおい肌を目指しましょう!

 

磯田あき

職   業 自営業
保 有 資 格 栄養士、調理師、インナービューティープランナー、食生活アドバイザー
ブ ロ グ
得意ジャンル ヘルシージャンク、スープ
趣   味 料理

facebook