材料(4人分)

 

  

大根、紅心大根、赤かぶ、人参…合わせて200gほど

ベビーリーフ…25g

エディブルフラワー…適量

柑橘の皮…適量

  

A

レモン汁…大さじ1

塩麹…小さじ1〜

リンゴ酢…大さじ1/2

オリーブオイル…大さじ1/2

甘酒…大さじ1/2

マスタード…小さじ1

   

作り方

 

  

①野菜は、包丁かスライサーでごく薄い輪切りにし、それぞれ塩ひとつまみ(分量外)でもむ。そのまま15分置いておく。

②ボウルにAを入れよく混ぜ合わせる。

③器に①を彩りよく盛り、②をかけ、ベビーリーフとエディブルフラワーをトッピングする。柑橘の皮はすりおろしながらかける。ドレッシングが少し馴染むとさらに美味しい。

  

皆さん、こんにちは^ ^

インナービューティープランナーの大國沙織です。

 

ようやく少しずつ寒さも緩んできて、春らしい日差しも感じられるようになってきましたね。

ということで今週の応用レッスンのテーマは、【ヘルシーおもてなしレシピ〜ひな祭り2019〜】です。

   

メニューはこちら。

   

*野菜のにぎり寿司6種

*とろ〜り焼きねぎの味噌焼き

*カラフル野菜のカルパッチョ

*白味噌の和風スープ

  

その中から今回は、「カラフル野菜のカルパッチョ」の作り方をご紹介しますね。

    

【ひな祭りとは?】

 

ひな祭りは、女の子の健やかな成長と健康、幸せを願う行事。

   

起源はかなり古く、平安時代中期(1000年以上前)にまでさかのぼり、紫式部の『源氏物語』や、清少納言の『枕草子』にもひな祭りの場面が登場します。江戸時代になって女の子の成長を祝う行事と定められ、現在のような形となりました。

   

別名「桃の節句」とも。節句とは、暦の上で節目になる日のこと。奇数が重なる日は、邪気をはらうことができるとも伝わっており、節句は縁起が良くお祝い事に向いている日だと考えられています。

   

ひな祭りには、ちらし寿司、お吸い物、それにひなあられやひし餅、白酒、甘酒など、「縁起のよいもの」を食べるとよいとされています。

食べるものにもそれぞれ意味があるので、由来を調べてみるのも面白いですね。

      

ひな祭りらしい食卓作りのポイントは、和風の華やかさを意識すること。お雛様やひし餅、手に入るようなら桃の花を枝ごと飾ってみましょう。

 

食材やテーブルコーディネートに、ピンク、白、緑、赤、黄色など、春を思わせるような色を用いるのも効果的です。

 

*色別の食材例*

 

・ピンク:桜の花の塩漬け、紅芯大根、練り梅、梅酢、紅麹、ドラゴンフルーツ(ピタヤ)など

 

・白:かぶ、大根、れんこん、里いも、えのき、ゆり根、カリフラワーなど

 

・緑:菜の花、小松菜、キャベツ、きぬさや、ふきのとう、わらび、えんどう豆、ブロッコリーなど

 

それでは、レシピをご紹介します。

       

【カラフル野菜のカルパッチョ】

  

 

 

野菜の色鮮やかさに、お花の華やかさをプラスした見た目にも可愛い一皿です。

他にも春にぴったりのメニューをご紹介していますので、ぜひ応用レッスンに足をお運びください

 

大國 沙織Saori Ohkuni

職   業 フリーライター、ヴィーガン料理家
保 有 資 格 インナービューティープランナー、インナービューティーダイエットアドバイザー、正食クッキングスクール師範科修了、トータルライフコーディネーター
ブ ロ グ http://delicious-life.com/
得意ジャンル カラフルな野菜料理、和食、おもてなし料理
趣   味 読書、旅行、美味しいベジカフェ巡り

facebook