シナモンパンプキンマッシュ

材料(4人分)

かぼちゃ(一口大)・・・150g(1/4個)

 

A

レーズン・・・大さじ1

くるみ(食べやすい大きさに砕く)・・・20g

シナモンパウダー・・・ 小さじ1

塩・・・ふたつまみ

 

かぼちゃの種(飾り用)・・・人数分

作り方

1.鍋に大さじ2の水、 かぼちゃを入れ、ひとつまみの塩を入れ、かぼちゃが柔らかくなるまで蒸し煮する。

2.かぼちゃの皮を向く。トッピング用にとっておく。

3.ボウルに2を入れなめらかになるまでマッシュし、Aを入れ、さっくり混ぜ合わせる。

4.3をラップで茶巾のように絞り、器に盛る。かぼちゃの皮を目鼻と口の形に切る。かぼちゃの種をヘタに見立ててトッピングする。

皆さん、こんにちは。インナービューティープランナーの大國沙織です。

 

日に日に秋も深まってきましたが、この時期のお楽しみといえば、やっぱりハロウィン!

ということで今週のテーマは、【ヘルシーおもてなしレシピ〜ハロウィン2018〜】です。

 

ハロウィンの代表的モチーフといえば、かぼちゃ。

夏場に収穫されるかぼちゃですが、「冬至に食べると風邪を引かない」といわれるほど、栄養価が豊富です。免疫力を高める働きがあるので、寒くなるこれからの季節に、積極的に取り入れたいですね。

かぼちゃは特にカロテン、ビタミンB群を多く含んでいます。西洋カボチャには抗酸化ビタミンといわれる(ビタミンC)も豊富で、カロテンはホウレン草に匹敵するほど多く含まれています。

食物繊維も多く含まれ、腸内環境の改善にも一役買ってくれます。

糖質が高いのが気になるかもしれませんが、量を食べ過ぎたりせず、青菜や大根、海藻などと一緒に食べれば大丈夫です。

メリットもたくさんある野菜なので、食べ方を工夫して上手に取り入れていきましょう♪

 

ハロウィンの起源は古代ケルト人が発祥といわれ、もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出すための行事でした。現在は本来の宗教的な意味合いはほとんど失っており、民間行事として世界中で定着しつつありますね。

かぼちゃの中身をくり抜き、ランタンを作って飾るのが定番ですが、アメリカ大陸が発見される以前は、かぼちゃの代わりにカブが用いられていたそうです。そんな歴史にも触れると、また面白いですね!

 

ハロウィンのおもてなしのポイントは、なんといっても、食材やテーブルコーディネートの色味を意識すること。ハロウィンカラーを用いることで、一気にそれらしい雰囲気が生まれます。抜き型などもいろいろ市販されているので、上手に使ってみましょう。松ぼっくりやどんぐり、落ち葉などを拾ってきて飾るのも、季節感が演出できて素敵ですね。

 

ハロウィンカラーの食材例

・オレンジ・・・かぼちゃ、人参、柿、オレンジ、黄色ズッキーニなど

・紫色・・・黒米、紫芋、紫キャベツ、紫玉ねぎ、なす、ブドウなど

・黒・・・ひじき、黒豆、ワカメ、海苔、黒ごま、オリーブなど

 

大人数の場合は、取り分けしやすいような盛り付けにしておくといいですね。あらかじめ一口サイズに盛るのも、見た目にも可愛らしくてオススメです。

 

それでは、今週の応用レッスンのご紹介をさせていただきます!

メニューはこちらです。

 

 

 

 

 

 

大國沙織

職   業 フリーライター、ヴィーガン料理家
保 有 資 格 インナービューティープランナー、インナービューティーダイエットアドバイザー、正食クッキングスクール師範科修了、トータルライフコーディネーター
ブ ロ グ http://delicious-life.com/
得意ジャンル カラフルな野菜料理、和食、おもてなし料理
趣   味 読書、旅行、美味しいベジカフェ巡り

facebook