こんにゃくステーキの和風きのこソース

材料(4人分)

こんにゃく…1袋 
玉ねぎ(薄切り)…中1個 
しめじ(ほぐす)…1パック 
えのき(3等分に切る)…1パック 
にんにく(薄切り)…ひとかけ 
酒…大さじ2~
醤油 大さじ1
麦味噌…小さじ1と1/2
赤唐辛子(小口切り)…1/2本
わけぎ(トッピング、小口切り)…適量
   




作り方

①こんにゃくは塩でもみながらよく洗いサイコロ状に切り、格子状に細かく包丁を入れ、熱湯で茹でる。
   
②ザルで水気を切り、よく熱したフライパンでうっすら焦げ目がつくまで炒りつけるようにして焼き、取り出しておく。
   
③鍋に少量の水、玉ねぎ、にんにく、しめじ、えのき、赤唐辛子を入れひとつまみの塩を振り、玉ねぎがしんなりして甘くなるまでウォータースチームする。
   
④②のこんにゃく、酒、醤油、味噌を加え、こんにゃくに味が染みるまで弱火で数分煮る。
   
⑤器に盛り、わけぎや万能ねぎなどをトッピングする。
   

今週のテーマは、「ダイエットレシピ〜便秘対策・食物繊維を取り入れよう〜」です。
   
ダイエットの結果をなるべく早く出したいなら、まず便秘の解消がカギになってきます。逆に、腸内環境が改善されれば自然と体重も落ちていきます。このようにダイエットと便秘解消には密接なつながりがあり、同時に叶えやすいともいえるのですね。春は身体がデトックスモードに入りやすく、ダイエットに最も適した季節。身も心もすっきりして、夏にかけてのシーズンを思いっきり楽しみましょう♪

【まず意識して摂りたい、便秘解消に効く食材】

・不溶性食物繊維の多く含まれるもの…玄米、根菜類、きのこ類、大豆製品、ほとんどの野菜。
・水溶性食物繊維の多く含まれるもの…海藻類、こんにゃく、ネバネバ食材(オクラ、めかぶ、山いも、納豆など)。
・長期熟成の発酵食品…味噌、醤油、酢、ぬか漬け、塩麹、醤油麹、料理酒など。腸内環境のバランスを整えてくれる。
・オリゴ糖…玉ねぎ、ニンニク、アスパラガスなど。腸内の善玉菌のエサとなる。

【ダイエットに最適な食材】

早くダイエットの効果を出したいときに特におすすめなのは大根おろし、海藻類、こんにゃく、青菜、きのこ類など。これらを味方につけ、毎日の食事に積極的に取り入れてみましょう。
同じ食材でも、いろいろな調理の仕方で気分を変えながら楽しむと飽きません。生でサラダに、スープに入れる、煮るなど。歯ごたえを感じられるように大きめに切ったり、千切りにしたりと、切り方も変えるとより◎!

【気を付けたいポイント】

・何よりもまず、よく噛む!
よく噛んで食べることは、満腹中枢を刺激し満足感を高めてくれます。腸の働きがよくなり、幸福物質の分泌、美肌やフェイスラインがすっきりする効果も。

・糖質の高いものや油脂類をひかえる
糖質の高い食品は小麦、いも類、かぼちゃ、果物など。酸化した油脂類が多く含まれている外食や買い食いもなるべく控えめにしましょう。

応用レッスンでは、ダイエットと便秘解消のための食事や生活習慣について、さらに詳しくお伝えしています。ぜひ足をお運びください♪

大国沙織

職   業
保 有 資 格
ブ ロ グ
得意ジャンル
趣   味

facebook