野菜ごろごろのお味噌汁

材料(4人分)

新玉ねぎ・・・100g(薄切り)

しめじ・・・1パック(石づきを取りほぐす)
トマト・・・1個(くし形切り)
キャベツ・・・50g(千切り)
セロリ・・・50g(細切り)
たけのこ(水煮)・・・100g(一口大に切る)
人参・・・1/2本(細切り)

酒・・・大さじ2
味噌・・・大さじ2

作り方

①鍋に大さじ2の酒、しめじ、トマト、キャベツ、セロリ、たけのこ、人参、塩ひとつまみを入れ蓋をし、人参が柔らかくなるまでウォータースチームをする。
②鍋に水600ml入れ、中火で沸騰させる。沸騰したら火を止め、味噌を溶き入れる。
③器に盛り、新玉ねぎをトッピングする。

*時短料理のコツ
●「包丁+まな板」の発想を捨てましょう。
野菜を切るのに、必ず「包丁+まな板」を使用する必要はありません。
キッチンバサミ、スライサー、ピーラーをうまく活用しましょう。
葉野菜は手でちぎることもできます。

●ビニール袋を使いましょう。
野菜に味をつけるときは、ビニール袋が簡単です。
ビニール袋の上から揉むことで味が均一になる上、洗い物の手間も省けます。

●加熱調理は野菜を重ねましょう。
野菜を重ねてウォータースチームをすることで、素材本来のうまみが引き出されます。
火が通りやすいものや葉野菜など色の変わりやすいものは、加熱時間を短くするなどして、工夫しましょう。

●冷凍庫を活用しましょう。
時間があるときに食材を切っておき、冷凍庫で保存します。
そうすることで、時間がない時でも切る作業が省けます。
また、使いきれず冷蔵庫の中で野菜が腐ってしまうこともなくなります。

*ワンプレートの盛り付けのコツ
●5色を意識しましょう。
最低3色→赤、緑、黄色 プラス2色→白、黒

●メインを一つ決め、素材の形を活かしてダイナミックに仕上げましょう。
メインは、旬の野菜ならさらによいです。

●余白、高さを活かしましょう。
余白が多いほど、繊細なイメージになります。
高さがあるとボリューム感がでます。
小皿使いで立体感がでます。

●仕上げのトッピングを活用しましょう。
「ちらす・かける・垂らす」がポイントです。

忙しくても、工夫次第で簡単にお料理ができます。
ワンプレートへの盛り付けもポイントをおさえれば、誰でもカフェのようなプレートができちゃいます。
お料理は楽しむことが1番です。

小泉翔子

職   業
保 有 資 格
ブ ロ グ
得意ジャンル
趣   味

facebook