ひしもち風浅漬け

材料(4人分)

キャベツ(食べやすい大きさに切る)・・・2〜3枚
大根(千切り)・・・4cm
塩麹・・・各大さじ1/2
塩・・・各小さじ1/4

かぶ(薄切り)・・・2個
梅酢・・・大さじ1

作り方

①ボウルかビニール袋にそれぞれキャベツ、大根を入れ、塩麹、塩をもみこむ。
②かぶは、梅酢に漬ける(①②とも1時間半〜漬け、そのまま冷蔵で数日保存できる)。
③小さめのタッパーにラップを敷き、下からかぶ、大根、キャベツの順に1段が1.5cmほど厚さになるように重ね、上から押す。
④タッパーを逆さにしてまな板に取り出し、ひし形になるようにラップごと切る。

(切り落とした部分も、別に盛り付けてどうぞ。)

*ひな祭りの歴史と意味*

女の子の健やかな成長と健康、幸せを願う行事。

ひな祭りの起源は古く、平安時代中期(1000年以上前)にまでさかのぼり、紫式部の『源氏物語』や、清少納言の『枕草子』にもひな祭りの場面が登場します。

ひな祭りは別名「桃の節句」とも。節句とは、暦の上で節目になる日のこと。
節句は、年間5回あり、なかでも奇数が重なる日は、邪気をはらうことができるとも伝わっています。節句は縁起が良く、お祝い事に向いている日だと考えられています。

*ひな祭りに食べるもの*

ちらし寿司、お吸い物、それにひなあられやひし餅、白酒、甘酒など、「縁起のよいもの」を食べるとよいとされています。

*ひな祭りの献立作りのポイント*

和の華やかさを演出する。お雛様やひし餅、手に入るようなら桃の花を枝ごと飾りましょう。

食材やテーブルコーディネートに、ピンク、白、緑、赤、黄色など、春を思わせるような色を効果的に用いる。

*色別の食材例*

・ピンク:桜の花の塩漬け、紅芯大根、練り梅、梅酢、紅麹、ドラゴンフルーツ(ピタヤ)など

・白:かぶ、大根、れんこん、里いも、えのき、ゆり根、カリフラワーなど

・緑:菜の花、小松菜、キャベツ、きぬさや、ふきのとう、わらび、えんどう豆、ブロッコリーなど

大国沙織

職   業
保 有 資 格
ブ ロ グ
得意ジャンル
趣   味

facebook