中島彩子

看護師

インナービューティーダイエットに出会う前のこと。

こんにちは、インナービューティープランナーの中島彩子です。

私のインナービューティーダイエットに出会う前のこと、これまでのこと、これからのことをお話させてください。

私は幼い頃に両親が離婚をし、ずっとずっとどこか満たされない、悲しみを抱えた、愛情を求めているのに素直になれない、ひねくれた子供でした。 (両親には感謝をしているので、そこは誤解されないでくださいね)

食事は毎日、お金を渡されて好きなものをコンビニで買う生活で、大好きな菓子パンやフライドポテト、カップ麺ばかり食べて育ちました。

お野菜は嫌いじゃないけれど、外食やコンビニ食でお野菜をとるのは難しく、ほとんど野菜など食べずに生きてきました。

そんな食生活だったので、小学校の時からおデブ。

でも、なんで自分が太っているかわからない…。1食カップ麺ひとつ317kcalしかとってないのに!!て。

太っている自分が嫌でした。

友達の家にいった時にみる、あたたかい手料理、仲のいい両親をみては、自分の置かれている境遇を嘆き、ますますひねくれていきました。

高校に進んでも、食事はバイト先のファミレスの賄い、某ファーストフードでも働いていたので毎日フライドポテトを食べる毎日。当然おデブ継続。 小さいときから、世界で一番おいしいものは迷わずフライドポテトでした。

満たされない理由もわからない、太っている理由もわからない。今までずっとずっと、それが普通だったから。

一生おデブのまま生きていくのは嫌、でも、どうしていいかわからない。 変わりたい、でもどうしていいかわからない。

そんなじたばたした中で、インナービューティーダイエットと出会いました。

インナービューティーダイエットと出会って

正直に言います。 幼い頃から外食で育った私には最初、サロンのお食事がおいしいと思えませんでした。

舌が完全に人工物に慣れてしまっていたのです。 お野菜本来のおいしさが、わからなくなっていました。

それでも、継続は力なり。 サロンのお食事を食べ続けるうち お野菜がおいしい!!と思えるようになり、毎日食べていたフライドポテトを自然と欲しなくなっていきました。

体重も-6kgを叶え。(まだまだ継続します!)

気持ちも安定して、ありのままを自分も、他人も受け入れられるようになりました。 初めて、未来にわくわくとする気持ちが生まれました。 だいすきな仲間たちと出会えました。

しあわせだと、大きな声で言えます。

そんな経歴をもつ私が、インナービューティープランナーを取得して、食の大切さをお伝えする立場にいるのだから、変われない人なんていません。

私がインナービューティープランナーとして、これからしたいこと。 それは食育です。

私は小児科で看護師として6年働いています。

子供たちの成長はもちろん、障害をもった子供たち、難病と命をかけて戦う子供たち、神様の元へ還った子供たち… たくさんの子供たちをみてきました。

その中で日々感じることは、子供たちのもつ、無限の可能性と生命力、そして愛しい未来への希望。

もういつの間にか、次の世代へと道を作っていく役目の歳になってきました。

私のように、食の大切さを知らない子供たちをなくしたい。

私のように、ひとりぼっちで毎日ごはんを食べる子供をなくしたい。(もちろん、おうちの事情があることは承知ですが…)

食べることの大切さを伝えていきたい。

食べることは生きることです。食べることは生きることです。子供たちには、食べることの大切さを伝えたい。

命をいただくことを知った子供たちがいずれ作っていく未来は、ますます美しく優しい世界になると、信じています。

食卓を担う女性たちに、まずは食の大切さを知ってほしい。

ママの笑顔は子供たちの笑顔になるから。 いずれママになる女性たちも、予定がなくても!女性の笑顔は、世界をしあわせにします。

あたしはまだ子供はいませんが、看護師としての知識と経験があります。

働く女性、ママたちへ食育をお伝えしたいと思います。

ママ向けのレッスンをします。 これからの未来をつくる子供たち、ママが、そして全ての女性たちが笑顔でありますように。 そのお手伝いをしていきます。 どうぞよろしくお願いいたします。

どうぞよろしくお願いいたします♡

インナービューティープランナー あみ

中島彩子

職   業 看護師
保 有 資 格 インナービューティープランナー、インナービューティーダイエットアドバイザー、インナービューティースイーツマイスター、看護師、薬膳コーディネーター
ブ ロ グ http://s.ameblo.jp/kiss-0n-the-1ips
得意ジャンル
趣   味

facebook