エクオールとアンチリジング

エクオールとアンチエイジング
皆さんは「エクオール」という物質をご存知でしょうか?
エクオールはエストロゲンとよく似た働きをする成分で、豆製品を食べることで
腸内で大豆イソフラボンの一種が腸内細菌の力を借りて作られます。


エクオールの働きとして・・・
 女性ホルモンに似た働きをする「エストロゲン様作用」
 エストロゲンが過剰な時にその作用を抑える「抗エストロゲン作用」
 男性ホルモン アンドロゲンの働きを抑える「抗アンドロゲン作用」
 体をさびさせない「抗酸化作用」=アンチエイジング作用
などが認められています。

具体的には
〇更年期症状の改善
〇骨粗しょう症予防効果
〇皮膚の老化予防
〇女性のメタボ改善作用
〇男性の薄毛予防や前立腺疾患の予防
などさまざまな研究発表が報告されています。


すごいですね!エクオール。
ただ、このエクオール、産生できるのは日本人の約50%と言われています。
(日本・中国など大豆をよく食べる国々では、エクオールをつくれる人が約
50%、大豆食の習慣がない欧米では20~30%と言われます。)
そして、このエクオールは更年期のホットフラッシュ(ほてり)や首、肩のこり
を和らげる作用もあるとの研究結果も出ています。また、エクオールを作れない
人ほど更年期症状が重いとも言われています。
それから、いつまでも美しくいたい私たち女性にとって嬉しい報告も。

エクオールが目じりのしわの進行を抑える効果もあるのですって!
ここで皆さん、きっとご自身がエクオールを産生できるのか?
産生できない50%に含まれていたら・・・と不安になった方もいらっしゃると思
います
まず、エクオール産生できるかどうかは、尿などで検査する方法があります。

それから、もしご自身が作れなかったとしても、あきらめないで下さい。
日常的に大豆製品や、発酵食品、海藻類やキノコ、旬のお野菜をたくさん食べて
(まさにインナービューティのお食事方法!)腸の善玉菌を増やし、美腸を意識
していればエクオールを産生できる可能性もあります。
逆に言えば、例えエクオール産生菌を持っていても、腸内環境が悪いと有効に機
能してくれないのです。
特に注目したいのが、中高生など若年層では、非産生者が多いとのこと。理由と
して、現代の食生活で大豆摂取量そのものが少なくなっているのと、腸内細菌の
バランスを整え、善玉菌のエサとなる食物繊維の摂取量が少なくなっていること
に関連しているのではないかと推測されています。
大豆製品を幼少期から多く食べている人ほど、エクオールの産出の力となる腸内
細菌を持つ確率が高いと考えられていますので、子育て中の方はぜひお子様に意
識して大豆製品のお食事を毎日摂らせてあげてくださいね。
エクオールは、私たち女性にとって(男性にとっても)老化を少しでも遅らせ、
美しさと若さを維持し、生き生きと人生の波を乗り越える強い味方になってくれ
そうです。

角 純子

職   業 美容料理家(インナービューティクッキングサロンRibbon主宰)
保 有 資 格 インナービューティプランナー、IBDA,IBFS、IBSM、IBBM 臨床検査技師(国家資 格)
ブ ロ グ https://ameblo.jp/sjunrin
得意ジャンル スピード料理、美肌料理、ビューティスイーツ、ローフー ド
趣   味 YOGA

facebook