夏の暑さに負けない身体づくり

こんにちは
インナービューティープランナーで看護師の林怜衣子です。

今年の夏は異常な暑さがつづきニュースでは毎日の様に熱中症の予防を呼びかけていますね。
外来の患者様でも熱中症の症状で来られる方が多数いらっしゃいます。
本日は熱中症やその対策、処置や水分についてお伝えしていこうと思います。

★熱中症
高温多湿な環境に長くいることにより、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れていき体温調節機能がうまく働かず身体に熱がこもった状態を指します。

れいこさん①

★熱中症の症状
•めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い •頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感、いつもと様子が違う 重症になると、 •返事がおかしい、意識消失、けいれん、からだが熱い

れいこさん②

★室内では・・・
•扇風機やエアコンで温度を調節
•遮光カーテン、すだれ、打ち水を利用
•室温をこまめに確認
•WBGT値※(下記参照)

 

★外出時には・・・
•日傘や帽子の着用
•日陰の利用、こまめな休憩
•天気のよい日は、日中の外出を
•できるだけ控える
•通気性のよい、吸湿性・速乾性のある衣服を着用する
•保冷剤、氷、冷たいタオルなどで、からだを冷やす

れいこさん③

★熱中症の応急処置
•涼しい場所に避難し衣服をゆるめましょう。
•脇や首、太ももの付け根を冷やしましょう。
•水分を取れる場合は水分補給しましょう。

★危険な状態!
•意識がはっきりしない または、意識がない。
•吐き気や嘔吐がある。
•痙攣を起こしている。
上記の様な症状がみられた場合は救急車を呼びましょう。

★水分について
私たちの体の約60%は水分でつくられています。普通に生活をしているだけでも1日に*2.5リットルの水分が失われているのです。
*(汗、呼吸、尿、便などによって)
•喉が渇きは脱水が始まっている証拠です。渇きを
感じる前に水分補給を摂ることが大切です。

れいこさん④

また、汗によって電解質のバランスが崩れやすくなっています。経口補水液を活用するなどして脱水対策をとることをお勧めします。

★環境省が出している《熱中症予防情報[暑さ指数(WBGT)予報、熱中症環境保健マニュアル》は、外出時などにも参考になりますので是非ご確認してから楽しい夏休みなどにお出かけください。

http://www.wbgt.env.go.jp/

林怜衣子

職   業 看護師
保 有 資 格 インナービューティーダイエットアドバイザー インナービューティースィーツマイスター インナービューティーデコレーター インナービューティープランナー
ブ ロ グ https://ameblo.jp/elegancejasmin
得意ジャンル 男性好みのがっつりごはん
趣   味 旅行 食べること 観劇

facebook