ライフステージ別に理解する女性のカラダ

インナービューティープランナーの林怜衣子です。

本日は女性ホルモンとは、その働き、月経についてお話したいと思います。

25508989_1531499470298330_1580224434_o

月経にはホルモンが密接にかかわっており、そのホルモンバランスは身体的・精神的影響を受けています。

正しく理解して上手に付き合い毎日を快適に過ごしましょう。

女性ホルモンとは、そもそもなに・・?

子宮の両側にひとつずつある卵巣で作られるのが「女性ホルモン」

女性ホルモンには「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2種類があります。この2つは年代により分泌量も変化します。

卵胞ホルモン

子宮に作用して受精卵のベッドとなる子宮内膜をあつくする働きがあります。

思春期に乳房が大きくなるなど、女性らしい身体をつくります。

このホルモンは更年期になると次第に減少します。

黄体ホルモン

卵胞ホルモンによって厚くなった子宮内膜を、受精卵が着床しやすい状態に整えます。

また、体温を上昇させるはたらきがあるので、その変化によって排卵の有無やその時期のチェックができます。

  • 女性は、そのライフステージによって女性ホルモンの分泌量がおおきく変化します。エストロゲンは思春期になると分泌量が高まって初経(初潮)を迎えますが、更年期になると急激に低下して閉経をむかえます。更年期のイライラやほてりなどもホルモンの変化に伴う症状です。女性の心やカラダは一生を通じてホルモンの影響を受けているのです。

年齢と女性ホルモンを詳しく解説すると・・・

★20代後半

26歳頃は女性ホルモンの分泌がピークを迎えます。

子宮が成熟する時期です。月経のリズムも整い、妊娠・出産に最も適しています。

★30代

30歳前後から女性ホルモンの分泌量が減少し始め、不調がでやすくなる時期です。

不規則な生活などは極力避けたい時期です。しかし、働く女性は仕事が充実してくるころなので自分のカラダと心に関心を持って、不調を見逃さないように!

★40代

女性ホルモン分泌がさらに低下し、そろそろ更年期を迎える時期。

それまでの生活習慣によって、病気のリスクも上がります。急な変化に戸惑わないよう自分のカラダの声にきちんと耳を傾けましょう。

25488606_1531499446964999_1195576562_n

月経周期を把握する

月経には周期があるのはみなさまご存じかと思います。

月経とは、約1カ月の周期で子宮内膜が出血をともなってはがれ落ち、体外へ排出されることです。

  • 正常な月経の目安
初経年齢 平均12歳
月経周期日数 25~45日
出血持続日数 3~7日(平均5日間)
閉経年齢 45~56歳(平均50.5歳)

卵胞期

卵巣のなかで原始卵胞の1つが発育しはじめます。

エストロゲンの影響で子宮内膜が少しずつ発育しはじめます。

排卵

成熟した卵胞から卵子が飛び出す(排卵)時期。

黄体期

プロゲステロンの作用で子宮内膜が厚いベッドをつくり、受精卵が着床する準備ができます。

月経期

妊娠が成立しなければ、子宮内膜が血液とともに排出されます。

これを月経といいます。

25497306_1531500200298257_1818838094_n

  • 基礎体温を測ってみましょう

基礎体温は、朝目覚めて動きだす前に専用の婦人体温計で測ります。

カラダの周期を知る為には毎朝継続して記録することが大切です。

通常、排卵日を境にして月経期と卵胞期は低温期、黄体期は高温期になります。このような二相に分かれない場合は無排卵月経の可能性もあり、不妊症のリスクも。自分の状況をしるためにもまずは基礎体温を測る習間をつけましょう。

本日はホルモンについて簡単にお話させていただきました。

女性はホルモンによってカラダや心が不安定になりやすいです。

不調を感じたとき

「自分の体調管理が悪いから」

ついついご自身を責めてしまっていませんか?

25488861_1531499603631650_2108915790_n

そこにはホルモンが大きく関係しているかもしれません。

ホルモンの周期によってこんなにも影響を受けていることが御理解いただけたかと思います。

みなさまが、まずは健康を第一に毎日を少しでも楽しく過ごせますように。

読んでいただきありがとうございました。

林怜衣子

職   業 看護師
保 有 資 格 インナービューティーダイエットアドバイザー インナービューティースィーツマイスター インナービューティーデコレーター インナービューティープランナー
ブ ロ グ https://ameblo.jp/elegancejasmin
得意ジャンル 男性好みのがっつりごはん
趣   味 旅行 食べること 観劇

facebook